コンブチャクレンズのむくみへの効果

むくみでパンパン

 

 コンブチャクレンズの効果のひとつとして注目されているのがむくみの解消です。
「コンブチャクレンズを飲み続けたらむくみも解消しました」という口コミがいくつもあります。
でも本当にコンブチャクレンズがむくみに効くの?疑り深い人はそう思うかもしれません。

 

ここではコンブチャクレンズがむくみに効くと言われている理由と、本当に効果が期待できるのかについて説明します。

 

むくみは何で起きるの?

 コンブチャクレンズがむくみに対してどのような働きかけをするのかを知る前に、まずはなぜ体がむくんでしまうのかについて学んでおきましょう。

 

 むくみが発生する理由は、体内の水分がむくみの発生場所に溜まってしまうことにあります。
 例えば立ち仕事をしているとき、血液は心臓のチカラだけではなく重力を利用して足に流れていくことになります。反対に心臓に戻るときは重力に逆らって流れます。

 

 血液が心臓に戻るときは心臓のチカラではなく、ふくらはぎの筋肉を利用して心臓に送り戻します。
 ところが立ち仕事が長くなると、ふくらはぎの筋肉が動きが少なくなるため、ふくらはぎがポンプの役割を果たさなくなり血液やリンパ液が足に溜まってしまい、むくみにつながります。

 

 冷え性などもむくみの原因になります。冷え性の人は、手足の毛細血管まで血液が流れにくくなっているのですが、そうなると毛細血管の手前で血液が渋滞を起こしてしまいます。

 

 行き場を失った血液がどんどん溜まっていき、むくみが発生するのです。

 

コンブチャクレンズとむくみの関係

 それではコンブチャクレンズはむくみに対してどのような働きかけをするのでしょうか?

 

 コンブチャクレンズにはL-シトルリンと呼ばれるアミノ酸が含まれています。
 このL-シトルリンは体内で一酸化窒素を作り出します。
 一酸化窒素は血管の筋肉を柔らかくして、血管を広げる作用があります。

 

 この作用によってコンブチャクレンズを飲むと血流が良くなると言われています。
 血流が良くなると冷え性が改善され、むくみも発生しにくくなるというわけです。

 

 またL-シトルリンには利尿作用もあり、体内に過剰に溜まってしまった水分の排出を促します。
 体内の水分量が減ればそれだけ、むくみも改善されるという仕組みです。

 

 いずれの作用も体のむくみを改善するのに効果があるとされています。

 

 ただしコンブチャクレンズだけでむくみの対策をするのも限界があります。
 コンブチャクレンズがどれだけすぐれたむくみ対策だとしても、むくみにくい体を作ることも重要になります。

 

 日頃からできるだけ歩く習慣を身につけて、むくみの予防につとめましょう。
 ランニングなども冷え性やむくみの予防につながりやすいので、積極的に取り入れましょう。

 

 そのうえでコンブチャクレンズを飲めば鬼に金棒です。
 むくみやすくて困っている人は、ぜひランニングとコンブチャクレンズを生活に取り入れてみましょう。
 ランニングのような有酸素運動はダイエット効果もありますから、コンブチャクレンズとの相性もばっちりですよ。