コンブチャワンダードリンクとの比較

コンブチャワンダードリンク

 

 コンブチャを使ったドリンクは何もコンブチャクレンズだけではありません。
 人気のあるドリンクとしてはコンブチャワンダードリンクなんかも有名ですよね。

 

 それではコンブチャワンダードリンクとコンブチャクレンズ、どんな違いがあるのでしょう。
 値段と成分を比較して、どちらが買いなのかについて調べてみました。

 

コンブチャワンダードリンクとコンブチャクレンズどっちが安い?

 コンブチャワンダードリンクは250ml缶での販売となり、1缶あたり370円前後で購入することができます。コンブチャクレンズは720mlのガラス瓶に入って5500円です。

 

1mlあたりの価格の比較

 コンブチャワンダードリンク:1.48円/ml
 コンブチャクレンズ:7.64円/ml

 

 「コンブチャクレンズ高い!」って言いたくなりそうですが、よく考えてください。
 コンブチャクレンズを1回飲むのに250mlも飲まないですよね。コンブチャクレンズを1回飲むときの量は30mlの原液を炭酸などで割って飲むはずです。

 

1回あたりの価格の比較

 コンブチャワンダードリンク:370円
 コンブチャクレンズ:229円

 

 コンブチャクレンズはこれに炭酸などの金額を加えないとフェアではありませんが、それでも十分にコンブチャクレンズのほうが安くなることがわかります。

 

コンブチャワンダードリンクはコンブチャを飲みやすくしたドリンク

 コンブチャワンダードリンクもコンブチャを利用したドリンクですので、その効果が期待できるドリンクです。
 ただしコンブチャワンダードリンクはコンブチャを飲みやすくした燃焼系のデトックスドリンクになります。

 

 それに対してコンブチャクレンズは燃焼系だけでなく、排出系をプラスしたドリンクになります。「燃やす力」と「出す力」の2つの力がコンブチャクレンズには含まれています。

 

 ここがコンブチャワンダードリンクとコンブチャクレンズの最大の違いになります。

 

 燃焼系だけでも十分に効果があるとされているところに、乳酸菌や食物繊維なども加える事で、より一層デトックスを促すことができる。それがコンブチャクレンズなのです。

 

コンブチャワンダードリンクとコンブチャは上手に使い分けよう

 とはいえコンブチャワンダードリンクにはメリットもあります。それは250ml缶という持ち運びしやすい形だということです。

 

 コンブチャクレンズの瓶を職場においておくのは気が引けますが、コンブチャワンダードリンクは可愛らしい缶ですので、職場で飲んでいても違和感はありません。
 常温で長期保存できるというのもコンブチャワンダードリンクの特徴です。

 

 ですので家では高い効果の期待できるコンブチャクレンズを使用し、外出中はナチュラルローソンや成城石井などで入手しやすい、コンブチャワンダードリンクを使用するなどの使い分けがおすすめの使い分け方法です。

 

 コンブチャワンダードリンクはコンブチャクレンズの補助として利用すれば、どこにいてもコンブチャを摂ることができますので、上手に使い分けるとより高いダイエット効果が期待できます。

 

>>コンブチャクレンズモニター価格での購入ページはこちらです